あわてずに、あなたの歩幅に合わせてゆっくりと。
あわてずに、あなたの歩幅に合わせてゆっくりと。 JR南浦和駅 東口から 徒歩1分

当クリニックでは、現代のストレス化社会に生を受けた皆様方の悩みに、真心を持って診察をしたく思っております。

心療内科と言うと受診されることに抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、うつ病や不眠症は薬に依存してしまうのではないかと言う不安を抱えられている方も多いように感じられます。
薬の量は専門のドクターがコントロールしながら治療すれば依存の心配はありませんし、うつ病・不眠症も治すことももちろん可能です。
ご自身で悩まれても解決せず、悩んでいる間にかえって症状を悪化させてしまうケースが多く見受けられます。そうなる前にぜひ当院、またはお近くの心療内科に受診することをおすすめします。

何か、いつもと違うと感じたら、まずお電話などでご相談ください。さいたま市外の方も多く受診して頂いております。
さまざまな悩みやとらわれから抜けて、あなたがあなたらしくゆるやかに生きていくために、当クリニックがお役に立てることを全力を持っておこなっていきたいと考えております。(自立支援医療、生活保護にも対応)

早期治療が早期解決の早道です。

院長 野賀正史

院長紹介はこちら

●うつ病の方

うつ病は、感情の変動が循環する疾患で、ストレスが引き金となって様々な症状を引き起こします。心療内科にて専門のドクターと治療すれば薬に依存する心配もありません。

 
●脅迫性障害の方

強迫性障害は、あることが頭から離れなくなり、それに囚われてしまう病気です。

 
●パニック障害の方

パニック障害は不安障害の一種で、電車・バス・車・美容院・ショッピングモール・病院など、急に抜け出せない場面で不安を感じ、自律神経失調症のような症状を引き起こしてしまう精神疾患です。

●社会不安障害の方

不安や緊張が強まりやすい状態が続くことで身体と心にストレスがかかり、様々な症状を引き起こす精神疾患を不安障害と言います。

 
●不眠症・睡眠障害の方

非常に多くの方が抱えるお悩みの1つが不眠症・睡眠障害で、もはや病気だと呼べるものではないでしょうか

 
●その他のお悩みのある方

うつ病や不眠症以外にも当院へは思春期特有のお悩み、また更年期障害の方なども多く受診されております。不安な事がありましたらどうぞ、お気軽にご相談下さい。

うらわメンタルクリニック|さいたま市の心療内科が運営する専門サイト

  • うつ病は5大疾病の1つにも数えられ、約10%の方が発症しており珍しい病気ではありません。
    薬による治療がメインですが食生活の改善により回復を促すことも可能です。心療内科を受診し、専門医のアドバイスを得ることが早期回復・全回復の近道です。

  • 叱る・急かす・強制的に行動させることは逆効果です。
    優しく「元気がないけどどうしたの?」「表情が硬いけど大丈夫?」と声をかけていてください。患者様とご家族(同僚)、治療者が同じ価値観を持ってゴールを目指すことが重要になります。

新着情報

一覧へ >
2016/11/25NEW
年末年始のお知らせ
2016/07/23
夏季休暇のお知らせ
2016/03/30
ゴールデンウィークのお休み
2015/12/14
年末年始のお休み
2015/09/18
シルバーウィークのお休み 平成27年9月20日より、9月24日まで、祭日を挟み、休診となります。

当クリニックは、さいたま市南区にございます。
南浦和駅から徒歩1分の場所にございます。
アクセスは駅地下であり、通勤の患者さまが気軽にお越し頂けます。

ストレス要因としては仕事内容・仕事量・対人関係と言うストレスがありますが、対人関係のストレスを持っている方というのが、症状として強く出やすいということがあります。

それによって起こってくる症状、うつ状態・うつ病・脅迫症状といいますが、その他によくあるのが不安緊張が強まる状態を不安障害と言います。
それだけの負荷をずっとかけていると身体の方もSOSサインが出て、これが自律神経失調症として出ることが多くなります。
自律神経失調症の症状としては、動悸がする・呼吸が苦しく感じる、浅く感じる・胸部の圧迫感がある・嫌な汗をかきやすくなってしまうなどが代表例です。

まずはその人の置かれている会社内、もしくは学校内での立場がどういう状態で、どういう悩みを感じているかということになります。
治療はもちろん投薬も行いますし、精神療法も行いますが、心がける点としては、それ以外に会社や学校へ復帰するための下準備として、会社の方との連携も必要になって来ます。こういった点もきちんと整備して行って、そのような症状が再度起こらないというような環境を作っていくことを志していきたいと考えています。

集中力がないかな、今までだったらこのゆおなポカミスをしなかったのにとか、そのようなことが反復してどんどん強くなっていくわけですが、そのような兆候を感じられたり、もしくは同りゅおからの指摘があった場合、早めにおいで頂いた方が治療いは有利に働くと考えています。

【車椅子・ベビーカーをご使用の患者様へ】

当クリニックは、バリアフリーになっています。また、2階に位置していますが、エレベーターがございますので、ご利用いただけます。


【聴覚障害のある患者様へ】

電子カルテでの診察になるため、電子カルテの画面を利用し、病状の聴取、病態の説明、質問の答えをさせて頂けます。また、媒体では、電子カルテ画面のほか、当然ですが、紙媒体で、質問などをうけたまわるようにしております。


【待ち時間・待合室に関してのご案内】

クリニックが混んでいるときは、診療中、外出をいただき、診察時間内にお戻りいただくことも、可能です。特に、診察室など、込み合っている場所が苦手でいらっしゃる方では、クリニックの外(クリニックの自動ドア付近)でお待ち頂ければ、前もって、事務に一言いただいている場合、順番が来たら、お声がけも可能です。